あべ整形外科ロゴマークあべ整形外科

西武新宿線『井荻駅』南口 徒歩3分

  • 03-3397-5501
  • 診療時間:AM 9:00 - 12:30 PM 2:30 - 6:00
  • 休診:水曜午後(手術日)・土曜午後・日曜・祝日

ペインクリニック

ペインクリニック

痛いところに直接注射するトリガーポイント注射だけでなく、レントゲン透視装置を使った神経ブロックや、超音波装置を使った筋膜リリース注射も行います。

トリガーポイント注射

首、肩、背中、腰、手足などで、押すと痛むポイント(トリガーポイント)に痛み止めの注射を打ちます。
筋膜や腱膜が原因の痛みに有効で、全身の様々な部位の痛みに有効です。

硬膜外ブロック

仙骨(お尻のあたり)の骨のすき間から針を入れ、腰の神経の周りに痛み止めを注射します。
腰椎椎間板ヘルニアなどが原因の腰痛や下肢痛に有効です。
注射後は15分ほど横になってお休みいただきます。

神経根ブロック

腰の骨から神経が出てくるところまで針を進め、神経の根元(神経根)に痛み止めを注射します。
硬膜外ブロックでも改善しないような、強い下肢の痛みに対しても効果が期待できます。
レントゲン透視装置がある施設で、神経根ブロックの経験が十分にある医師の元でしか行えません。
レントゲン透視下で目的とする神経まで針を進め、造影剤を入れ神経を確認したのち、痛み止めを注入します。
注射後、15分ほどお休みになっていただきます。

筋膜リリース注射

癒着している筋膜を、薬液・生理食塩水を注入し剥がす、近年注目されている治療法です。
整体やマッサージでも改善しない頑固な肩こり、腰痛にも改善が期待できます。

筋膜リリース注射

物理療法・理学療法

上記の注射と組み合わせ、牽引・温熱療法・低周波治療といった痛みを緩和する治療も行います(物理療法)。
理学療法士による筋トレ・ストレッチなど運動療法により、疼痛の再発予防にも努めています。

リハビリテーション