あべ整形外科ロゴマークあべ整形外科

西武新宿線『井荻駅』南口 徒歩3分

  • 03-3397-5501
  • 診療時間:AM 9:00 - 12:30 PM 2:30 - 6:00
  • 休診:水曜午後(手術日)・土曜午後・日曜・祝日

関節リウマチ

関節リウマチ

関節リウマチは、病原菌など外敵を攻撃するはずの免疫が自分の体を攻撃してしまい、手足の関節が腫れて痛みの出る自己免疫疾患です。
初期には、朝のこわばりやいろいろな関節の痛みがでます。
進行すると、関節の破壊や変形をきたしてしまいます。
早期に診断し、治療をすみやかに開始することが重要です。
レントゲン、血液検査で診断し、内服・注射などで治療を行います。

診断

症状、今までの経過、血液検査、レントゲン検査、エコー検査を合わせて、総合的に診断します。
関節リウマチと類似した症状を起こす他の病気もあり、それらとの鑑別を行います。
早期診断がとても重要になります。

薬物治療

関節リウマチの診断となったら、すみやかに治療を開始します。
過剰に反応している免疫を抑える免疫抑制剤、炎症を強く抑えるステロイド、その他の抗リウマチ薬を用います。
炎症をコントロールし、関節の破壊を止め、痛みを抑えます。
コントロールが不十分な時は、薬の増量や変更をします。

注射治療

関節の痛みが強い時には、関節内への注射をすることもあります。
ステロイド、ヒアルロン酸の注射を状態に応じて使い分けます。

リハビリ治療

関節の可動域を保ち、筋力低下を防ぐために、理学療法士による可動域訓練、筋力訓練といったリハビリ治療も重要となります。

手術治療

薬物療法でも痛みが和らがない場合や、関節の動きが悪くなり日常生活に支障をきたしてしまった場合は、手術療法が必要になる場合があります。

  • 異常に増えてしまった滑膜を切除する滑膜切除
  • 関節破壊が強い場合は、人工関節置換術・関節固定術
  • 指の腱が切れてしまった場合の腱移行術

提携している近隣の総合病院や大学病院で、関節リウマチの治療経験が豊富な医師へ紹介いたします。